うなぎの肝焼き串を肴にバイスサワーを呑む幸せもあれば生ハムを肴にグリーン・アラスカを呑む幸せもあり、記憶には残らず写真だけが残る。

決して旨いとは言えない、と言ったら怒られるかもしれないが、呑みたくなるバイスサワー、グリーンアラスカ。

ジャンルは全く違うけど、バイスもシャルトリューズも所謂エキス系。バイスは赤シソが原料。シャルトリューズは100種類以上の秘伝のハーブらしい。

バイスにウナギの肝焼きがこれまた合う。濃い目のタレで焼かれたうなぎの肝の串をかじってバイスサワーで流し込む。くるくるっと丸まったうなぎの肝がトゥルトゥルって串の周りをまわりながらちょっとだけかじるつもりが半分ぐらい取れちゃったりするのも中々良い。

グリーンアラスカに生ハムもこれまた合う。塩っ気のある生ハムの旨味をじっくり味わいながらグリーンアラスカを流し込む。ガツンとくる。鼻に抜ける薬草の香り。元気が湧いてくる。

そして、次の日に昨日のことが思い出せないが、軽い頭痛と、写真の記録が残っている。

しばらくしたら行きたくなるだろう。